ご来院されたワンちゃん・ネコちゃんは勿論、飼い主さまからも仲間として認められる地域に根ざした医院を目指します。

本院では、飼い主様へのインフォームドコンセントをしっかり行い、納得いただいた上での治療に心がけています。
精一杯の努力をし、病気の治療に向き合ってまいります。
しつけのことから手術のことまで何なりと御相談下さい。御来院を心よりお待ちしています。

院長 野田 茂生

2002年3月
酪農学園大学獣医学部卒業
2002~2013年
さわもと犬猫病院にて副院長として勤務
2013年12月
麦わらわんにゃん病院開院

当院の様子

  • 待合
  • 受付
  • 診察室
  • 手術室
  • 入院室
  • 隔離入院室
  • 血球計算機
  • 血液生化学検査機
  • レントゲンモニターシステム
  • デジタルレントゲン現像機
  • レントゲン撮影機
  • 超音波診断装置
  • 歯石除去装置
  • 心電図・呼吸モニター
  • 麻酔機
  • 電気メス

写真をクリックすると、より大きな写真をご覧いただけます。

お知らせ

予防接種のご案内や、当院からのお知らせはフェイスブックをご覧ください。

診療時間

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
午前
(10:00~13:00)
休診
午後
(15:00~19:00)
休診

※学会等によりお休みを頂くことがあります。
※事前にお電話などでご確認ください。

ワンちゃんは・・・

必ずリード(引き綱)をつけるか、ケージなどに入れて来てください。
待合室ではリードを短く持ち、手から離したりせず制御できる状態でお待ちください。
ワクチンをまだ打っていない仔犬は必ずケージなどに入れて他の犬と接触しない状態でお待ちください。

ネコちゃんは・・・

ケージなどに入れてきていただくか、無い場合は洗濯ネットに入れ、更にダンボール箱やカバンなどに入れて来てください。
待合室ではケージ等から出さずにお待ちください。

初診の方へ

今までの予防歴、治療歴、現在食べているフード(メーカーや商品名)などをお聞きしますので、お時間に余裕を持っていらしてください。
ワクチンの証明書、今使用している薬などがあれば持ってきていただけると助かります。

当院でできる予防

ワクチン フィラリア ノミ・ダニ
毎年一回接種することをおすすめします。

犬・猫がかかる、伝染病の混合ワクチンです。伝染病もかかると死に至ることがあるので予防が必要です。

毎年4月~11月まで予防をおすすめします。

予防をしていないと、フィラリアが心臓に寄生し、死に至ります。予防法には毎月1回内服をのませる方法と、年に1回注射をうつ方法があります。

月に1回滴下するだけでノミ・ダニの予防・駆除ができます。

ノミは皮膚病をおこします。ダニは、バベシア症という犬が死に至る伝染病をうつします。人間にもうつる伝染病があるので、予防が必要です。

ドッグドック・キャットドック 狂犬病ワクチン
病気の早期発見のため、7歳以下の仔は1年に1回程度、7歳以上の仔には症状にあわせた定期的な検査をおすすめします。 ワンちゃんを飼われた時と、年一回の予防注射が義務付けられています。

ご案内

対象動物 犬・猫
診療内容 健康診断、外科手術、投薬治療、予防接種、その他
獣医師 男性1名
保険 動物医療保険取り扱い
保険種類 アニコム損害保険、アイペット損害保険
入院設備
各種相談 飼育相談、しつけ相談、カウンセリング
休診日 火曜日
院長名 野田 茂生
クレジットカード VISA、MASTER、JCB、DINERS、AMEX、DC、UC、DISCOVER

アクセス

駐車場3台完備